✰ 現在、人がこのブログを閲覧しています。

「カルティエ、時の結晶」に行ってきた

新国立美術館


職場で話してた時にふとおすすめしてもらった、カルティエ展へと木曜日の空いた時間に1時間ほど使って行って来ました!

空間演出が凄くよく練られていて時間とお金がかけられてるーと。
一生のうちで一番ジュエリー見た時間でした。女の人が宝石に心を奪われるのが少しわかった気がする。。

あとは個人蔵の展示が凄く多くてびっくりしました。
(どれほどお金もってるんやーなどと凡人は妄想。


カルティエがあの時代から今につないできたものの一部を見せてもらえました。
最近は西洋美術史に少し興味があり、あのアール・デコの時代の女性進出にかけての時代のアートの役割だったり、その背景をもっと知りたいなと思っているのですが、時間がまったくとれないのでとりあえずまあ宝石に圧倒されるなどしてこようということでいってきました。
今一番気になっているのはルネラリックというガラス細工の技術者。アールヌーヴォーからアール・デコの時代にかけて個人の価値観が大きく変わっているのですが、その転換期に作っているものも同じように一気に変わっているのです。文化が先か、個人が先か。この人のことネット上では日本語だとほとんど出てこないので、もっと時間がある時にちゃんと学んでみたいなと思っています。そっちの方面に行ったらリベラルアーツはどれぐらい学ぶ時間があるんだろう。もっともこんな時期にそんなこと考えてるの俺だけなんだろうな。もっとちゃんと専門やれって深淵から聞こえてきてますが、とりあえずはまず入試突破ですね。あいかわらずの日本語のへたくそさにうんざりしてます。

未来を変えるために過去があり、未来が変われば、過去も変わる。


以上です。もっと勉強頑張りますー。

✄-------------------------キリトリ--------------------------✄
今日も読みに来ていただいてありがとうございました🙇
ではまた〜✋

にほんブログ村 受験ブログへ

上のバナーをクリックすると
ブログランキングのサイトから
他のブログも見に行くことが出来ます。