✰現在、人がこのブログを読んでいます。

東北大オープン 結果返却 自己分析(後ほど追記)

東北大オープン、結果帰ってきました。



あれが8月半ばだったのでもうあれから一ヶ月ちかくたったんですね。

www.log1v9x.net


月日が本当に早く過ぎていきます。結果はごらんのとおりで、あまり良くないです。


生物がひどいのはもう論外として数学が5割ほどしかとれてないですし、100番以内に入ってる教科はひとつもないっていうのは結構落ち込む要素です。この模試でとれなかったところを今一度確認して、入試本番につなげていきたいと思います。今日は短いですが、結果報告のみなので、これだけです。今日中に解き直しをして、またきづいたことがあったらここに追記しに来ます。それでは。

9/28 追記

1回目の復讐、あ間違えた、復習からかなり時間が経っていたのでけっこう忘れてました。
あらためて採点結果と照らし合わせながら復習してみるとまた新しい発見がありました。

英語
とくに客観的な目が入って、得られるものが多い教科です。自分がどこでひかれているのかみてみました。

数学
大問1は本番とは違うやり方で解きました。ベクトルではなく平面幾何で。あらためてベクトル、平面幾何、座標のどれで解くのがベストなのかを意識しながら解く重要性を認識しました。

大問3はさすがに3回目なのですっと解けました。誘導見え見えなのに、初見だと解けないのはまだまだ力不足な証拠ですね。

大問5の確率の(2)はやはり同じ間違いをしました。この確率の扱いはまだまだ演習しないとだめそうです。
大問6はできましたので、ひとつ成長してました。
整数と確率が夏のテーマだったわけですが、もう少しだけ詰めなきゃいけませんね。

化学


生物
無視。物理を完成させます。


というわけで一ヶ月ぶりに解いてもこの抜けようなので、またあと2回ぐらいは空いた時間に解き直すのは必須ですね。あの模試の集中した密度をさらに上げるためにこれからも計画的に時間を使っていきます。



あらためて得点分布表見てみました。
ほんとに団子です。とくにボーダーラインはこれでもかってぐらい人数がいます。THE医学部受験の恐ろしさをあらためて認識しました。みんながとれないところを取りに行く前に、みんなが落とさないところを決して落とさない。ほんと数字みてて手汗が・・・。ミスったら落ちるんだって。わかっていたつもりでしたが、具対的にこう見ると凄いですね。これからもミスをどれだけ無くしていけるかってところを強くフォーカスして勉強に臨みます。それでは。

✄-------------------------キリトリ--------------------------✄

今日も読みに来ていただいてありがとうございました🙇

ではまた〜✋

にほんブログ村 受験ブログへ

上のバナーをクリックすると

ブログランキングのサイトから

他のブログも見に行くことが出来ます。