ご報告2

その1

後期試験も合格することはできませんでした。
後期試験の合格発表からどこがだめだったのか、今年二度と同じ間違いをしないためにはどうするべきなのかを考えていました。
自分の中で一番ひっかかったのは、一人でいすぎたこと。メンタル面だったように思います。直前期になって、ミスをしたときに「こんな簡単な問題をおとすなんて…」と自分自身で勝手に決めつけ、間違えるたびに勉強するのがどこか億劫になり集中力が落ちていってしまっていました。誰とも話さなかったこともあり、自分のネガティブな考えが頭の中で増幅して、夜眠りにくくなって生活リズムが崩れたり、食事もあまり食べられなくなったりしたりしました。ただ、それは自分の実力の無さや、勉強量の質、量ともに不足していたことをすり替えているだけなのではないかとも思えます。今年度自分がしっかりと自分の中で結果を出し続けられれば崩れないのか、もしそうでない状況になれたとして崩れてしまったら、、などいろいろ考えてもどうケアしていったらいいのかというのは明確には今でもわからないでいます。予備校に通えれば、友だちや、チューターの方などに支えてもらえたりすることはできるかもしれませんが、それは予備校に通うお金で家族に迷惑をかけることになってしまいます。もうわがままを言える立場ではないですし、そんな甘えた状況にいる自分に、自分自身で耐えられないので、時間的に不利になることを覚悟して、次の決断に至りました。


その2

来年度は働きながら、受験を続けることにさせてもらいました。センター試験最終年度。本当にこれが最後です。これで医師になれなければ、もう別の職業につき、生きていくことになります。医師という職業に就きたい、そう改めて強く想いました。この場をその決意表明としてさせてもらいます。他の受験生よりも勉強に使える時間は圧倒的に少ないという危機感は強いです。それでも、絶対に合格して自分の夢を前に進めたい。そう思います。一年間、本当に死に物狂いでがんばります。


そしてこのブログに関してなのですが、もう1年だけ続けていこうと思います。昨年度、読みに来てくれる方は少なかったかもしれないですが、それでもコメントを頂いたり、他のブロガーの方の勉強報告を見て自分を奮い立たせてもらえました。ブログにかけた時間は決して無駄ではなかったと思えますし、自分が見に行っていたブロガーさんも同じようにブログは受験に関してプラスに作用したということを書いていたのを見ました。僕も自分で自分を後押しできるようにまたブログにいろいろ書いていきたいと思っています。


最後に、自分が通っていた予備校からも何人も医学部合格者が出ましたし、いい人ばかりでした。また、自分が見ていたブロガーさんからも何人も合格をつかみ取っていました。本当に、本当におめでとうございます。いい医師になってくださいね。そしていい医学生ライフを!

僕も来年、同じ場所にいけるように、この一年過ごしていきます。それではまた。



医学部受験の叡智 受験戦略・勉強法の体系書 (YELLbooks)


✄-------------------------キリトリ--------------------------✄
今日も読みに来ていただいてありがとうございました🙇
ではまたあした〜✋

にほんブログ村 受験ブログへ
Please click the banner, if you like this entry.
上のバナーをクリックして頂けると
ブログランキングのサイトから
他の方々がやっているブログも見に行くことが出来ます^^